紹介予定派遣の面接の常識とマナー/派遣社員の転職


        派遣社員の実情/元OL派遣社員のおねえさんサイトマップ
  プロフィール  |  派遣相談掲示板  |  派遣・転職ニュース  |   副業しよう   |  派遣社員のブログ

元OL派遣社員のおねえさん>紹介予定派遣 必勝法>常識とマナー
紹介予定派遣って何?

●紹介予定派遣 必勝法
 ・面接までの流れ
 ・面接
 ・面接官の質問
 ・退職理由を聞かれたら
 ・スタッフからの質問
 ・常識とマナー
 ・面接NG集
 ・不採用の理由ランキング
 ・面接官はココを見ている
 ・成功のポイント
 ・派遣社員から正社員へ

●紹介予定派遣 成功例
 ・商社へ転職
 ・美容界へ転職
 ・メーカーへ転職
 ・ベンチャー企業へ転職
 ・秘書へ転職
 ・ネット銀行へ転職
 ・公的金融機関へ転職
 ・貿易事務職へ転職
 ・営業事務職へ転職
 ・営業事務職へ転職(2)
 ・大手金融会社へ転職
 ・特許事務所へ転職
 ・ウェディングプランナーへ転職
 ・エンジニアへ転職 
 ・不動産会社へ転職
 ・ITサポート職へ転職
 ・失敗例 参考のため!

●派遣・転職のお役立ち一覧表
 ・おすすめ派遣会社一覧表
 ・おすすめ派遣情報サイト一覧表
 ・職種別派遣会社一覧表
 ・転職支援会社一覧表
 ・資格の学校一覧表
 ・アルバイトサイト一覧表

●人気の派遣会社

リクルートスタッフィング
研修制度、紹介予定派遣が充実

パナソニックエクセルスタッフ
貿易事務セミナー、福利厚生が充実

●人気の派遣情報サイト

インディビジョン派遣
複数の派遣会社に一括登録が可能

リクナビ派遣 
アンケートや役に立つコラムが楽しい

●人気の転職支援会社

DODAで正社員転職
大手派遣会社の転職支援会社

マイコミエージェント
35年以上の歴史と実績

常識とマナー

清潔感のある仕事にふさわしい服装

服装で大事なのは「清潔感」。身だしなみによって第一印象が大きく左右します。
基本はスーツです。必ずしも紺でなくてもいいですが、ダーク系のほうが好まれます。
スーツのボタンはきちんと留めて、シャツやブラウスもしっかりアイロンをかけておきます。スーツでない場合はジャケットを着るなどして、仕事をするのにふさわしい服装を選ぶようにしましょう。またその会社のイメージにあったおしゃれなら大丈夫です。

清潔感あるヘアスタイル

ヘアスタイルも「清潔感」が大切です。女性の場合は、必要であれば、髪をまとめるなどして、だらしない印象を与えないようにしましょう。面接中はお互いの顔を見て話すため、ヘアスタイルもしっかりと見られています。明るすぎると派手に見えてしまう茶髪も、常識の範囲内で。

メイクはナチュラルで健康的に

「ナチュラルで健康的」なメイクが好印象です。
ナチュラルメイクが基本ですが、地味すぎると暗く見えてしまい印象が悪くなります。
自分に合うピンクやオレンジなどを上手に使いましょう。マニキュアも派手な色やネイルアートは避け、薄い色や透明のものを使います。
ノーメイクはNG。顔色が悪く、表情が乏しく見えたり、だらしなく見えたりすることがあります。

アクセサリーはさりげなく

あくまでもさりげなく、目立たせないことが大事です。例えばピアスはぶら下がるタイプを避ける、指輪も大きいものは避けましょう。
男性のピアスや指輪は好まない企業が多いので、避けたほうが無難です。
また会社のイメージにあったおしゃれなら大丈夫です。

男性のヒゲ

おしゃれでヒゲをはやしている人もいますが、ビジネスの場にはふさわしくないという考えの企業が多く、面接では剃っておいたほうが無難です。面接の前に鏡でチェックして、必要なら剃り直しましょう。

入室するとき

第一印象が大事です。挨拶は落ち着いてはっきりとしましょう。
1.名前を呼ばれたら返事をするのを忘れずに。
2.ドアを軽くノックして、「どうぞ」と言われてから入ります。
 「失礼します」と告げ、ドアは静かに開けましょう。
3.きちんとドアに向き直って、閉めます。後ろ手で閉めないように。
4.面接担当者に向き直ってその場で一礼してから、「○○です。よろしくお願い致します」と挨拶します。
5.面接担当者に「どうぞおかけください」と勧められてからいすに座ります。

面接中の態度

受け答えの内容もそうですが、姿勢や態度を見られています。
1.背筋を伸ばし、手は軽く両ひざに置きます。足を組むのは厳禁です。
2.話を聞くときも答えるときも、面接担当者の目を見ながらを忘れずに。
3.話しながら髪をいじる、指で遊ぶ、体を揺らすなどは落ち着かない印象を与えます。

言葉遣い

いつもより少しゆっくりめに話すことを心がけましょう。ゆっくりと話すと、自然に落ち着いてきます。 ちょっと深呼吸を。
1.緊張して早口にならないように。
  語尾まではっきり発音し、落ち着いた印象を与えましょう。
2.正しい敬語を使えるようにしておきましょう。
  特に尊敬語と謙譲語を間違えないように注意。
3.「あのー」「えっとー」のようなつなぎ言葉、「それでー」「だからー」のような語尾を伸ばす話し方も幼稚に聞こえます。面接官からの問いかけで「でもね・・・」と否定するような言葉、「なるほど」も生意気に聞こえるので要注意です。
4.「はい」「ええ」といった相づちはコミュニケーションを円滑にしますが、気を許しすぎて「うん」「そう、そう」などという砕けた言葉遣いにならないようにしましょう。

退室するとき

部屋を出るまで面接官は見ています。最後まで気を抜かずにいましょう。
1.立ち上がって椅子の脇に回り、「ありがとうございました」と一礼します。
2.ドアを開けて外に出たら室内に向き直り、もう一度、面接担当者に一礼します。
3.そのまま後ろ姿を見せないよう、静かにドアを閉めます。

スポンサードリンク

         << スタッフからの質問 | 面接NG集 >>
                                     このページのトップへ