紹介予定派遣で公的金融機関へ転職/派遣社員の実情


        派遣社員の実情/元OL派遣社員のおねえさんサイトマップ
  プロフィール  |  派遣相談掲示板  |  派遣・転職ニュース  |   副業しよう   |  派遣社員のブログ

元OL派遣社員のおねえさん紹介予定派遣 成功例 一覧表>公的金融機関へ転職

●紹介予定派遣 必勝法
 ・面接までの流れ
 ・面接
 ・面接官の質問
 ・退職理由を聞かれたら
 ・スタッフからの質問
 ・常識とマナー
 ・面接NG集
 ・不採用の理由ランキング
 ・面接官はココを見ている
 ・成功のポイント
 ・派遣社員から正社員へ

●紹介予定派遣 成功例
 ・商社へ転職
 ・美容界へ転職
 ・メーカーへ転職
 ・ベンチャー企業へ転職
 ・秘書へ転職
 ・ネット銀行へ転職
 ・公的金融機関へ転職
 ・貿易事務職へ転職
 ・営業事務職へ転職
 ・営業事務職へ転職(2)
 ・大手金融会社へ転職
 ・特許事務所へ転職
 ・ウェディングプランナーへ転職
 ・エンジニアへ転職 
 ・不動産会社へ転職
 ・ITサポート職へ転職
 ・失敗例 参考のため!

●派遣・転職のお役立ち一覧表
 ・おすすめ派遣会社一覧表
 ・おすすめ派遣情報サイト一覧表
 ・職種別派遣会社一覧表
 ・転職支援会社一覧表
 ・資格の学校一覧表
 ・アルバイトサイト一覧表

●快適な派遣ライフを送るために
 ・派遣社員のコラム
 ・派遣社員のQ&A
 ・派遣社員の悩み 相談集

公的金融機関へ転職

パナソニックエクセルスタッフから予定派遣を利用して、派遣社員から正社員になったKさんの成功例を紹介します。

紹介予定派遣を利用しようと思ったきっかけは何ですか?

たいていの人は紹介予定派遣として派遣会社に登録するのが先だと思うのですが、私の場合は学生課ではじめに今の会社に興味を持って調べていたら、採用方法として紹介予定派遣があった、という感じなんです。

面接に向けてどのように取り組みましたか?

私は面接で緊張してしまうタイプだと相談すると、事前に模擬面接をしてくれたり、自分が就職活動をしたときの経験談を話してくれたり。特に模擬面接では挨拶の仕方や基本動作を確認できましたし、質問の予測を立ててもらえたので、自分なりに質疑応答のイメージができました。

もちろん予想外の質問もありましたが、それは対応力を見られているんだなとわかっていましたので、落ち着いて自分の考えを言うことができたと思います。個人面接とグループ面接と2回あったのですが、どちらも派遣会社の担当の方が面接室の片隅で見守ってくれていたので、とても心強く感じてリラックスできましたね。

紹介予定派遣のメリットは何ですか?

第二新卒の私の場合は、正社員として応募するにはタイミングが難しく、どうしても効率よく就職活動できなかったのですが、派遣会社に登録してからは面接のセッティングや事務手続きなどを代わりにやってもらえたので、スムーズに進みましたね。

何よりも正社員として就職を希望していた私にとっては、社員として登用されることが前提のシステムで安心できた、ということが一番大きいですね。また、私は面接で人よりも目立つアピールをすることが苦手なのですが、今回の紹介予定派遣の場合は、半年間の派遣期間の中でじっくりと私の仕事ぶりを見てもらえたらいいなと思っていたので、一般応募の場合と違って力むことなく、自然体で面接を受けることができました。

これから紹介予定派遣を利用する人に向けて何かアドバイスを!

社会経験がなかったんですが、模擬面接の練習も回を重ねるごとに上達していきました。
グループ面接のときに職歴をアピールする人が多い中、学生時代に取り組んだことを素直に話した点が、かえってよかったようです。

詳しいことは、パナソニックエクセルスタッフをご覧くださいね。

  <<  ネット銀行へ転職貿易事務職へ転職>> 

スポンサードリンク