紹介予定派遣で商社へ転職/派遣社員の実情


             派遣社員の実情/元OL派遣社員のおねえさんサイトマップ
  プロフィール  |  派遣相談掲示板  |  派遣・転職ニュース  |   副業しよう   |  派遣社員のブログ

元OL派遣社員のおねえさん紹介予定派遣 成功例 一覧表>商社へ転職

●紹介予定派遣 必勝法
 ・面接までの流れ
 ・面接
 ・面接官の質問
 ・退職理由を聞かれたら
 ・スタッフからの質問
 ・常識とマナー
 ・面接NG集
 ・不採用の理由ランキング
 ・面接官はココを見ている
 ・成功のポイント
 ・派遣社員から正社員へ

●紹介予定派遣 成功例
 ・商社へ転職
 ・美容界へ転職
 ・メーカーへ転職
 ・ベンチャー企業へ転職
 ・秘書へ転職
 ・ネット銀行へ転職
 ・公的金融機関へ転職
 ・貿易事務職へ転職
 ・営業事務職へ転職
 ・営業事務職へ転職(2)
 ・大手金融会社へ転職
 ・特許事務所へ転職
 ・ウェディングプランナーへ転職
 ・エンジニアへ転職 
 ・不動産会社へ転職
 ・ITサポート職へ転職
 ・失敗例 参考のため!

●派遣・転職のお役立ち一覧表
 ・おすすめ派遣会社一覧表
 ・おすすめ派遣情報サイト一覧表
 ・職種別派遣会社一覧表
 ・転職支援会社一覧表
 ・資格の学校一覧表
 ・アルバイトサイト一覧表

●快適な派遣ライフを送るために
 ・派遣社員のコラム
 ・派遣社員のQ&A
 ・派遣社員の悩み 相談集

商社へ転職

株式会社リクルートスタッフィングから紹介予定派遣を利用して、派遣社員から正社員になったTさんの成功例を紹介します。

社員として働きたいと思った理由は何ですか?

年齢的なことや将来のことを考えて社員になりたいと思っていました。社員になるための選択肢を広げられると思い、以前から興味のあった紹介予定派遣の制度を利用しようと思いました。

自分で行う就職活動とどんなところが違いましたか?

貿易事務をやりたかったので、商社を中心に就職活動をしていましたが、自分ひとりだと、偏った視点で会社を選びがちになります。
そんなとき、リクルートスタッフィングの仕事紹介担当の方は、先入観に縛られないアドバイスをしてくれました。そのおかげで会社選びの選択肢がすごく拡がったと思います。

紹介予定派遣のメリットは何ですか?

面接時とギャップがなく、就職できるのが紹介予定派遣のメリットの一つだと思います。
苦労して何度も面接を重ねてきたのに、いざ社員になると「自分が思っていたイメージと違う」というようなことが、紹介予定派遣ではないと思いますね。

もちろん派遣期間は、派遣スタッフと企業側の双方の見極め期間なので、企業から断られるリスクも知っていました。でもそれは自分の力が足りなかったんだと受け止めて、次に生かせる反省材料になるとポジティブに考えましたね。

紹介予定派遣の派遣期間で何を見極めましたか?

紹介予定派遣の派遣期間では、「この会社で長く働けるかどうか」を深く考えました。
「落ち着いた雰囲気の会社」で働きたいと思っていたので、この会社は自分の志向と合っている雰囲気なのかをよく考えていました。

他には、実際社員になったら何を任せてもらえるようになるのか、自分はどういうキャリアステップを踏めるのかも考えました。その判断材料を集めるために、上司や周囲の人たちにいろいろと質問をしました。

リクルートスタッフィングの営業担当の方の意見も参考になりました。会社の良いところ・考えるべきところを、自分の希望と照らし合わせながら冷静に整理、判断できたと思います。

これから紹介予定派遣を利用する人に向けて何かアドバイスを!

紹介予定派遣は、「社員として働きたいが、自分に合った会社をきちんと選びたい」人にとっていい制度なのではないでしょうか。
派遣期間は実際に自分に合っている仕事かどうか、将来長く働いていけるかどうかの見極めができる期間になります。
その期間をいかに有効に使うかが大事だと思います。

詳しいことは、株式会社リクルートスタッフィングをご覧ください。

  |美容界へ転職 >>

スポンサードリンク