会社選びの間違いパターン/派遣社員の実情


        派遣社員の実情/元OL派遣社員のおねえさんサイトマップ
  プロフィール  |  派遣相談掲示板  |  派遣・転職ニュース  |   副業しよう   |  派遣社員のブログ

元OL派遣社員のおねえさん>転職支援について>会社選びの間違いパターン
転職支援って何?

●転職支援について
 ・転職支援会社とは?
 ・転職支援の流れ
 ・転職支援会社のメリット
 ・会社選びの間違いパターン

●成功する転職支援会社選び
 ・転職支援会社の選び方
 ・転職支援会社人気ランキング
 ・キャリアコンサルタント120%活用術
 ・顧客満足度No.1 株式会社リクルートエージェント
 ・第二新卒に強い

●派遣・転職のお役立ち一覧表
 ・おすすめ派遣会社一覧表
 ・おすすめ派遣情報サイト一覧表
 ・職種別派遣会社一覧表
 ・転職支援会社一覧表
 ・資格の学校一覧表
 ・アルバイトサイト一覧表

●快適な派遣ライフを送るために
 ・派遣社員のコラム
 ・派遣社員のQ&A
 ・派遣社員の悩み 相談集

●人気の派遣会社

リクルートスタッフィング
研修制度、紹介予定派遣が充実

パナソニックエクセルスタッフ
貿易事務セミナー、福利厚生が充実

●人気の派遣情報サイト

インディビジョン派遣
複数の派遣会社に一括登録が可能

リクナビ派遣 
アンケートや役に立つコラムが楽しい

●人気の転職支援会社

DODAで正社員転職
大手派遣会社の転職支援会社

マイコミエージェント
35年以上の歴史と実績

会社選びの間違いパターン

「いい会社だ」と思って転職したけれど、入社してみたら「こんなはずじゃなかった」・・・そのときはいいと思って入った会社なのに、どうしてこんなミスマッチが起きてしまうのでしょうか?

会社選びに失敗する事例は、そのときの心理状況によりいくつかのパターンに分かれるようです。代表的な4つのパターンに注目し、失敗しないように参考にしてください。

1.おいしい話やチャンスに目がくらんでしまった

・「新規事業の責任者」というポジションは、めったにないチャンスだと勇んで入社。
しかし、経営者と意見が合わなかった・・・

・ベンチャー企業の面接官の上昇志向に共感し、大手企業を辞めて転職。
しかし、内情は資金繰りが悪化して火の車・・・

・知人の紹介で、マネジャー待遇で大幅給与アップの転職を実現。
しかし、それだけ仕事のレベルが高くなり、精神的につらい毎日・・・

失敗しないためには?
メリットが際立っていると、その裏にあるデメリットに気づかないことが多いものです。
上昇志向が強い人ほど「チャンス」という言葉には弱いもの。勢いに乗ることも大切ですが、冷静な視点も忘れないように。

2.周囲に流されて決めてしまった

・元上司が「あそこはいい会社だ」というのでその言葉を信じて入社。
しかし、最初に聞いていた待遇とあまりに違っていた・・・

・「この企業なら安定している」という親の言葉で転職先を決めた。
しかし、上司のわがままで全てが決まるのが不満いっぱい・・・

失敗しないためには?
他人の意見に振り回されず、参考程度に。
本当に自分が納得できるのか、とことん考えてみましょう。それで失敗したとしても、自分で決断したことなら納得感があり、次の行動に活かせるはずです。

3.居心地のよい環境を求めたけれど

・知人のいる会社なら、精神的に楽だと思って入社。
しかし、当初の話と異なる仕事を押し付けられ、納得いかず転職した・・・

・アットホームで働きやすそうだと思って選んだ会社だったが、仕事の分担がいい加減・・・

・まったりとした社風で、自分と相性がよさそうだと思った。しかし、経営幹部が誰も責任を取りたがらず、何の決断もできないため、業績は下がる一方・・・

失敗しないためには?
環境や社風ばかりに気をとられず、肝心の仕事内容を確認しましょう。また、少人数の会社はそれだけ人間関係が密になり、1人ひとりにかかってくる責任や負担も大きいなど、苦労もつきもの。「アットホーム」の言葉の響きに期待しすぎないように。

4.弱気になっていた&焦ってしまった

・ずっとフリーターをしていたが、将来に不安を感じて就職を決意。「未経験歓迎」の文句に飛びつき契約社員で入社したが、正社員登用制度がなく、後悔・・・

・何のスキルもないし、何事も勉強だと割り切って入社。しかし、初任給が求人票の記載よりも安く、いくら未経験とはいえ待遇に納得がいかず、再び転職・・・

・10社近く応募したのに決まらず焦っていたところ、現在の会社にあっさり内定したので入社。しかし、年収は大幅に減り、会社の将来性も期待できない・・・

失敗しないためには?
なかなか転職が決まらないと、自信をなくしたり焦ったりします。そんな不安な状態に早く決着をつけたいとき、「納得のいく転職先をとことん探す」という本当の目的を見失いがちです。「もうどこでもいい」「とにかくどこかに入社したい」これは危険信号です。

レベルを下げて妥協したところで、真の満足は得られません。自分の妥協範囲はしっかりとキープしましょう。

スポンサードリンク

      << 転職支援会社のメリット | 転職支援会社の選び方 >>
                                     このページのトップへ