はじめに
目で癒される

ポップアップ絵本
癒し系DVD
楽園の写真集
心をリセットする本
中国工芸茶

聴いて癒される

モーツァルト T
モーツァルト U
ヒーリング
音の世界遺産
ぐっすり眠れるCD

香りで癒される

アロマキャンドル
お香
ハーブティ
バスソルト
中国紅茶
紅茶

手作りで癒される

プリザーブドフラワー
大人の塗り絵
元OL派遣社員のおねえさん】へ戻る


●●ぐっすり眠れるCD●●
〜ゆったりと眠って、ストレスで疲れた身体と気持ちをときほぐそう〜

ぐっすり眠れるCD

悩みがあるときだけではなく、気分が高揚しているときも意外と寝つけないもの−ひとりになれるベッドの中では寝ようと思ってもなおさら眠れないときもあります。
まずは気持ちをリラックスして、おだやかに眠れるようにしたいものです。

とっておきのモーツァルト(10)ぐっすり眠れる


8曲入ってすべてが穏やかな曲なんですが、
ちょっと見てみると−

・ヴァイオリン協奏曲第3番K.216より:第2楽章アダージョ
・交響曲第29番K.201より:第2楽章アンダンテ
・弦楽四重奏曲第19番K.465《不協和音》より:第2楽章アンダンテ・カンタービレ
・交響曲第41番K.551《ジュピター》より:第2楽章アンダンテ・カンタービレ
など・・・

ここに収録されている8曲に共通しているのは「アダージョ」「アンダンテ」「カンタービレ」という言葉。演奏するときの速度を表す音楽用語で、それぞれ意味があります。

アンダンテ・・・歩くように、適度に穏やかな速度で
アダージョ・・・ゆっくり遅く。元々の意味は静かに、慎重に
カンタービレ・・・歌うように

しかもどれも第2楽章というのが面白いですね。
第1楽章でテーマになる曲を演奏して、第2楽章で少し気分をゆったりさせる、というのがモーツァルトの手法なのでしょうか。

眠れない理由はいろいろありますが、心配事があるときも嬉しすぎて気分が高揚しているときも、どちらも眠れません。

お酒を飲んだ勢いで寝るという手もありますが、真夜中に目が覚めたりして、二度寝すると朝までの時間が短くて、あまり寝た感じがしないときがあります。寝酒をクセにするとかえって効かなくなるらしいので、習慣的には向いてないのかもしれません。

その点モーツァルトの音楽は安心♪ハーブティーのように、ジワーッと浸透してきます。
心と体を心地良くもみほぐしてくれる名マッサージ師(?)のようですね。

1日が終わってベッドに入ったとき、優しい音楽を聴くのは気持ちいいですよ〜
交響曲よりヴァイオリン協奏曲や弦楽四重奏曲のほうが、より優しい感じがします。
ゆっくりと歩くようなアンダンテやアダージョのリズムが、人の身体に同調し、気持ちまで穏やかになっていくんですね。リラックスさせて、明日の朝気持ちよく目覚めるために、ゆっくりと眠れます。

とっておきのモーツァルト(10)ぐっすり眠れる

とっておきのクラシックシリーズ

とっておきのクラシック(8)ドリーム

ヴォカリーズ(ラフマニノフ) 夜想曲(グリーグ) メロディ(クライスラー) 前奏曲第25番(ショパン) ピアノ協奏曲第1番~第2楽章(ショパン) モーツァルト以外のクラシックも入っていますので、ゆっくりとおやすみください。

モーツァルト以外のクラシック

熟睡クラシック

月の光、 アラベスク 第1番(ドビュッシー) ブラームスの子守歌(ブラームス) ゆりかごの歌(グリーグ) タイスの瞑想曲(マスネ) 歌劇「ジョスラン」~子守歌(ゴダール) 夜想曲 第1番 変ホ長調(フィールド)など子守唄を中心に集めてみました。

熟睡ヒーリングCD

究極の眠れるCD

就寝前、気持ちを落ち着けるにはよいCDだと思います。
最初は音楽と水のせせらぎをミックスさせて、眠りに入りそうなところへ環境音へ。この構成が好評です。
心が解放されて、きれいな海にのんびりと浮かんでいる気持ちになります。