はじめに
目で癒される

ポップアップ絵本
癒し系DVD
楽園の写真集
心をリセットする本
中国工芸茶

聴いて癒される

モーツァルト T
モーツァルト U
ヒーリング
音の世界遺産
ぐっすり眠れるCD

香りで癒される

アロマキャンドル
お香
ハーブティ
バスソルト
中国紅茶
紅茶

手作りで癒される

プリザーブドフラワー
大人の塗り絵
元OL派遣社員のおねえさん】へ戻る


●●モーツァルトを聴こう T●●
〜何か疲れてるなぁと思ったら、癒し効果のあるモーツァルトを聴こう〜

モーツァルトを聴こう T

疲れたら癒しの曲で自分を優しくしてあげたい−それならミュージックセラピーに使われているモーツァルトがおススメです。わざわざコンサートホールへ行かなくても、座っているだけで癒されてしまうモーツァルトを聴いて、身も心も開放してあげましょう。

モーツァルト療法〜音の最先端セラピー〜
シリーズ第3弾:
~3.癒しのモーツァルト ~耳と脳の休息の音楽 ~


音楽にも好き嫌いがあって当然。
おねえさんはベートーベンが好きなのに、癒し効果はないの?
他の曲では癒されないということはありません。
でも耳を癒して体も癒してくれるのは「モーツァルト」の曲なのだそうです。

なぜモーツァルト?

ミュージックセラピーに詳しいアルフレッド・トマティス博士は、「音そのものが、人の耳によくあっている」と解釈しています。あとはいろいろ説明されているわけですが・・・難しい理論は置いておきましょう。理由がわかるから癒されるのではなく、聴いていて癒されるから「やっぱりいいなぁ」と感じてしまうのです。

最初の「フルートとハープのための協奏曲」はハープの波打つような音色がとても美しく響きます。ハープのような音は日常的にないので、こうやって聴くときれいな空気がふるえているような感じがします。

「ピアノ協奏曲第21番」は静かなピアノ曲で、ご存知の方も多いと思います。ピアノのポロロン♪という音が優しくて穏やかです。これを聴きながらお食事、というシーンはかなりキザなので、せめてアフタヌーンティを楽しみたいですね。モーツァルトを聴きながら、ちょっとばかり贅沢な気分になります。その他セレナードやディヴェルティメントは、聴いていても気持ちが明るく軽やかになります。

好きなベートーベンを聴いているとそれだけに集中してしまい、他のことができません。でもモーツァルトは他の用事をしていても気にならないんです。雑誌を読んだり、片づけをしたり・・・「〜ながら」聴いていても自然なんです。

ベートーベンに比べて高揚感が少ないモーツァルトですが、それが逆に気持ちを落ち着かせてくれる理由だと思います。曲調が明るいだけではなく、気持ちをす〜っとやわらかくなでてくれるようなんです。中にはちょっと哀しげなものもありますが、極端に暗いものではなく落ち着かせるてくれる感じです。

長く聴いていると退屈するクラシック。全部で11曲入っていますが、1楽章ずつ選んでいますので、いろいろな曲の一部を聴きながら気楽に楽しむことができます。

モーツァルト療法 音の最先端セラピーシリーズ

~3.癒しのモーツァルト ~耳と脳の休息の音楽 ~

おススメ星が4つ半以上ばかりのセラピーシリーズ。誰が聴いても癒されること請け合いです。
~1.もっと頭の良くなるモーツァルト ~脳にエネルギーを充電する音は、不眠だったのに良く眠れるようになったとか、朝の支度をするときに聴いているとイライラがなくなる・・・など定評です。

超天才モーツァルトの神秘シリーズ

1「心身の調律師モーツァルト」

モーツァルトの癒し系CDを何枚か買った人の中でも、このシリーズが好きという人たちが多いです。リラックスするだけではなく、何かに集中したいときに聴きたい4「バイオリズムの指揮者モーツァルト」も好評です。

とっておきのモーツァルトシリーズ

とっておきのモーツァルト(8)心を癒すモーツァルト

生誕250年記念に作られたとっておきのモーツァルト・シリーズ。
穏やかなモーツァルトの作品にたっぷり浸って、ストレスをほぐしてください。
とっておきのモーツァルト(7)ゆっくり寛ぐモーツァルト は、ゆったりしたテンポのモーツァルト作品をセレクションしています。BGMにも最適です