派遣先の労働者と派遣労働者の均衡待遇


派遣社員の仕事/元OL派遣社員のおねえさん
   プロフィール  |  派遣相談掲示板  |   派遣・転職ニュース   |   副業しよう   |  派遣社員のブログ

元OL派遣社員のおねえさん>派遣について>派遣法の改正>派遣先の労働者と派遣労働者の均衡待遇

●派遣について
 ・派遣のしくみ
 ・派遣会社の選び方
 ・派遣会社に登録するタイミング
 ・派遣会社に複数登録する理由
 ・派遣の職種と派遣期間
 ・時給・残業代・交通費
 ・社会保険・休暇
 ・メリット・デメリットは?

●派遣会社に登録〜就業まで
 ・派遣会社に登録
 ・登録へ行く前に
 ・登録のときのポイント
 ・登録のときに聞かれること
 ・お仕事の紹介
 ・顔合わせで聞かれること
 ・契約
 ・就業

●派遣・転職のお役立ち一覧表
 ・おすすめ派遣会社一覧表
 ・おすすめ派遣情報サイト一覧表
 ・職種別派遣会社一覧表
 ・転職支援会社一覧表
 ・資格の学校一覧表
 ・アルバイトサイト一覧表

●派遣会社の特長別で選ぶ
 ・ 無料のe-ラーニングで学べる
 ・ 紹介予定派遣に強い
 ・ 人気のオフィスワークが多い
 ・ 資格手当てがもらえる
 ・ 無料セミナーが定期的にある
 ・ 育児支援制度が整っている
 ・ 扶養枠のお仕事が多い
 ・ 大手電器メーカーグループ

●快適な派遣ライフを送るために
 ・派遣社員のコラム
 ・派遣社員のQ&A
 ・派遣社員の悩み 相談集

派遣先の労働者と派遣労働者の均衡待遇

派遣労働者について、派遣先の同種の労働者と、労働条件の均衡に配慮するよう義務付けられました。

配慮するポイントとは?

1.賃金
派遣元は、派遣先の同種で働く社員の賃金水準との均衡を配慮し、派遣社員の時給を決めるようにしなければなりません。
ただし、派遣先に合わせて時給を下げることはできません。

2.教育訓練・福利厚生
派遣元は、派遣社員が円滑にお仕事できるように、教育訓練や福利厚生などを実施しなければなりません。

あまりに低い時給や社会保険などの福利厚生が整っていない派遣会社の登録は控えたほうがいいですね。

  <<有期雇用派遣労働者を無期雇用等へ変換する努力義務
  |関係者に対する情報提供の義務>>
                                     このページのトップへ