派遣社員のコラム/残業する人たち


        派遣社員の実情/元OL派遣社員のおねえさんサイトマップ
  プロフィール  |  派遣相談掲示板  |  派遣・転職ニュース  |   副業しよう   |  派遣社員のブログ

元OL派遣社員のおねえさん派遣社員のコラム>残業する人たち
派遣って何?

●快適な派遣ライフを送るために
 ・派遣社員のコラム
 ・派遣社員のQ&A
 ・派遣社員の悩み 相談集

●派遣・転職のお役立ち一覧表
 ・おすすめ派遣会社一覧表
 ・おすすめ派遣情報サイト一覧表
 ・職種別派遣会社一覧表
 ・転職支援会社一覧表
 ・資格の学校一覧表
 ・アルバイトサイト一覧表

●派遣何でもランキング
 ・派遣の人気職種ランキング
 ・紹介予定 人気職種ランキング
 ・事務系スキルランキング
 ・IT系スキルランキング
 ・職種別平均時給ランキング

残業する人たち

お仕事をしていれば残業はつきもの。全然したことがないという人はいないでしょう。
残業すると残業代がつきます。基本給に比べて割高にもなるので、ちょっと得した気分ですね。これで新しい服買いたいなとか旅行資金にしようとか・・・楽しみも増えます。

でも残業ってそのためにあるもの?

そもそも就業時間中にその日のお仕事を処理していくのが基本。それでも仕事量が多くて今日までにしなければならないから・・・ということで残業になります。

でも残業に関してちょっと変な人たちがいます。2つのタイプに分けてみました。

タイプ1:残業代が欲しくて残業する人たち

このタイプの人はけっこういます。
彼女は、会社に着くなり朝食用のパンを食べ紅茶を飲みます。パソコンの画面を開いて横に書類を置いたまま、私語に花を咲かせます。少しずつ入力はするものの、政治家並みの牛歩作戦。お腹が空いたころには12時。もちろん昼食を取ります。その後、お茶をしながら談笑。

お昼からは男性社員のお茶くみのみに励み、ひと息ついたらおしゃべり。人の噂やつまらない話が尽きないのが不思議なくらいです。会話に応えないと機嫌が悪くなるし、彼女のそばにいるとこちらのお仕事が進まなくて迷惑します。

夕方からお仕事に取りかかり、毎日2時間ほど残業します。
こんな状態ですから、急ぎのお仕事は頼めません。もちろん信頼もできません。

「私は決してお金がほしいから残業しているわけではない」と言っても、毎日こんな勤務態度では疑われても仕方ありませんね。

必要な残業ならともかく、残業代のためのお仕事では本末転倒です。
本人のお仕事に対する意識もそうですが、こんな人を放置している会社側もおかしいですね。

タイプ2:残業代はいらないけれど、会社に居たい人たち

こんなタイプの人もいます。
彼女は毎日定時後残っています。目の前にいますから、いつもいつも忙しい部署ではないことはわかります。ところが彼女は残業代が欲しいわけではないのです。その証拠に上司には残業を申請していません。

彼女の本当の目的は「早く家に帰りたくないから」なのだそうです。
だから毎日お仕事をしているふりをして遅くまで残っているのです。家に帰りたくないならどこかで時間をつぶせばいいのに、それでは毎日お金がかかってしまうので、会社に残るんですね。

お仕事をしているふりをしているときは、社内の誰かと一緒に帰りたいので待っているのです。そうでなければ、社内の人と私語をして時間をつぶします。
ちょっと見では無償でお仕事をしているようにも見えます。だから上司は何も言いません。

残業代を請求しないのなら、いいのでは?

会社はお仕事をする場所です。用もないのに社内に残っていると、本当に忙しくて残業している人たちの邪魔になります。
お仕事が終われば定時に帰るのが普通です。放課後いつまでも残っていた学生時代とは違います。こういう人って、学生と社会人の意識の区別がついていないのかなぁと思います。

どちらも会社が何も言わなければ別にいいのでは・・・と思いますが、自分の都合でお仕事をするような人たちは、結局周りにも何らかの迷惑をかけてしまいます。

残業代を稼ぐためにお仕事をしてお金が貯まっても、その人の心はきっと豊かにはなれないはず。残業代を請求しないんだから会社にいてもいいと思っている人の心は、ずっと子供のまま。自分のお仕事が少なからず社会にも関わっているという意識がないから、自分の都合しか考えられないのだと思います。

自分の身を振り返る教訓にはなりますが、お手本にしてはちょっと悪すぎますね。

スポンサードリンク

          << お世話になります? | 
                                     このページのトップへ