派遣社員のコラム/競合の実態


        派遣社員の実情/元OL派遣社員のおねえさんサイトマップ
  プロフィール  |  派遣相談掲示板  |  派遣・転職ニュース  |   副業しよう   |  派遣社員のブログ

元OL派遣社員のおねえさん派遣社員のコラム>競合の実態
派遣って何?

●快適な派遣ライフを送るために
 ・派遣社員のコラム
 ・派遣社員のQ&A
 ・派遣社員の悩み 相談集

●派遣・転職のお役立ち一覧表
 ・おすすめ派遣会社一覧表
 ・おすすめ派遣情報サイト一覧表
 ・職種別派遣会社一覧表
 ・転職支援会社一覧表
 ・資格の学校一覧表
 ・アルバイトサイト一覧表

●派遣何でもランキング
 ・派遣の人気職種ランキング
 ・紹介予定 人気職種ランキング
 ・事務系スキルランキング
 ・IT系スキルランキング
 ・職種別平均時給ランキング

競合の実態

「競合」とはひとつのお仕事に対して複数の派遣会社から派遣社員の候補を挙げて、そのお仕事に対してスキルが最適である人を選りすぐり、定員の人数分だけ採用することです。
競合も違法になりますが、実際は暗黙の了解になっているようです。また派遣社員にはそれがわかりにくいようです。

こんなことがありませんか?
「お仕事が決まりましたら、○○日までに連絡します」と派遣会社に言われたけれど、当日には連絡がなく、こちらから連絡したら「先方様の都合で準備が整っていません。○○日に連絡します」と言われます。
そしてまたしてもその日に連絡がなく、電話してみると「こちらから連絡しますので、待っていてください」といつまでたってもラチがあきません。

派遣会社は派遣社員が働くことで利益を得ますので、お仕事の開始日を延ばしても何のメリットもありません。それなのにこんな事態が発生するのは、「競合」が行われている可能性があります。
もし1名募集のところに10名の応募があったら、大変な日数がかかります。
実際はよほど高度なスキルやニッチな(めったにない)お仕事でない限り、スキルが要求されることはなく、たいていは時給の引き下げ合戦になります。

これに似たような状況になれば、たとえ競合でなくても時間のムダになります。改めて別のお仕事を紹介してもらうか、他の派遣会社に登録して気持ちを一新するほうがよいかもしれません。

スポンサードリンク

         << 事前面接の正体 | 無職のときこそチャンス >>
                                     このページのトップへ