派遣社員のコラム/辞めるときの基準を作る


        派遣社員の実情/元OL派遣社員のおねえさんサイトマップ
  プロフィール  |  派遣相談掲示板  |  派遣・転職ニュース  |   副業しよう   |  派遣社員のブログ

元OL派遣社員のおねえさん派遣社員のコラム>辞めるときの基準を作る
派遣って何?

●快適な派遣ライフを送るために
 ・派遣社員のコラム
 ・派遣社員のQ&A
 ・派遣社員の悩み 相談集

●派遣・転職のお役立ち一覧表
 ・おすすめ派遣会社一覧表
 ・おすすめ派遣情報サイト一覧表
 ・職種別派遣会社一覧表
 ・転職支援会社一覧表
 ・資格の学校一覧表
 ・アルバイトサイト一覧表

●派遣何でもランキング
 ・派遣の人気職種ランキング
 ・紹介予定 人気職種ランキング
 ・事務系スキルランキング
 ・IT系スキルランキング
 ・職種別平均時給ランキング

辞めるときの基準を作る

派遣のお仕事を選ぶときには、希望する条件をしっかりと作っておくと、選ぶのにとても便利です。

しかし実際就業してみて、あまり条件が良くなかったときは悩んでしまいます。また思いがけないことで考えなければならないことも出てくるかもしれません。しかし漠然と悩んでいても時間が過ぎていくだけです。

お仕事の希望条件に基づいて、辞めるときの基準も作っておきましょう。これは次の更新で終了するか継続するかを判断する大切な材料になります。

お仕事のことを考えるとき

まず何のためにお仕事をしたいのか、自分の気持ちをしっかりと持つことです。
生活費をかせぐのが第一なのか、お仕事とプライベートを両立する時間を大切にしたいのか、スキルアップを目指しているのか・・・「何のため」が叶えられないときは、その職場にいても意味がありません。お仕事を選ぶことが派遣のメリットのひとつなので、「何のためのお仕事なのか」の基準が大幅に崩れたときは、契約満了で終了するほうがいいと思います。

人間関係で悩むとき

人間関係で悩むときも同じです。人間の感情は人それぞれで、はっきりした解決法はないと思います。どんな人にも好き嫌いがあって当然ですので、理想の人間関係を望むことは難しいことです。

だからある程度我慢したり、割り切って考えることが必要です。

でもある程度ってどのくらい?どこまでなら割り切れる?

お仕事の基準を作ることに比べて、気持ちの基準を作ることはちょっと難しいかもしれません。昨日は続けてもいいと思ったけれども、今日何かがあって「もうこんなところはいやだ!」と思ってしまった。こういうふうに気持ちが揺れ動くことはよくあることですが、それではいつまでたっても気持ちにふんぎりがつきません。

こういうときは日にちを決めておくことです。契約の更新は契約終了日の1ヶ月前までに伝えます。たとえばその日までに自分の気持ちはどうなのか期限をつけておきます。無理をして我慢をしてお仕事をしても、何の得にもなりません。自分の中でメリット・デメリットを作って、自分なりの基準で判断しましょう。

デメリットをメリットに

長期でお仕事を希望している場合、できれば長く就業したいのですが、希望条件が大幅に崩れてしまえば結果的には望んでいる職場にはなりません。派遣には契約期間があって次の更新があるかどうかわからない−ということをデメリットに感じる人もいますが、こうやって職場条件が悪化した場合は期間が決められているほうがスンナリ辞めることができて、逆にメリットに変わってしまうのも派遣の醍醐味のひとつかもしれません。

終了後の準備

契約の更新をせず終了する場合、それ以降のことも考えておきましょう。
更新をしない意志を伝えるときに、次のお仕事を探してもらうように言っておきましょう。終わってから探してもらうのではなく、終了してブランクを少しでも短くするために同時に声をかけておくことが大切です。
現在利用している派遣会社だけではなく、新しいお仕事のチャンスを広げるためにも、別の派遣会社へも声をかけておきましょう。お仕事の案件は常に流動的ですので、新しい派遣会社に登録することもいいことだと思います。

参考ページ:「お仕事の紹介
       :「派遣会社に登録するタイミング
       :「メリット・デメリットは?

スポンサードリンク
  

      << 契約書はとても重要 | 派遣社員と正社員の天秤 >>
                                     このページのトップへ